「小さな拠点」づくりフォーラム in 東京

フォーラムの御礼

 人口減少や高齢化が進む過疎地域などの集落では、今後、暮らしを続けていくことが危ぶまれる状況が全国各地で一層拡大していくことが懸念されています。
 こうした状況に対し、地域の維持・再生を目指す新たな取組として、暮らしの安心と希望をつなぐ「小さな拠点」づくり、そして「小さな拠点」と周辺集落とをコミュニティバス等の移動手段でつないだ「ふるさと集落生活圏」づくりが各地で始まっています。
 この「小さな拠点」の形成は、本年7月に公表された「国土のグランドデザイン2050」における基本戦略の一つとして盛り込まれており、また「まち・ひと・しごと創生本部」の基本方針(平成26年9月12日決定)にも位置づけられました。
 国土交通省では、この「小さな拠点」づくりを通じた持続可能な集落地域づくりの取組をさらに全国に広げ、集落地域の再生に取り組まれている地域の関係者や行政関係者のみなさまの幅広い交流・情報交換を図るため、去る11月28日(金)に、「小さな拠点」づくりフォーラム in 東京を都道府県会館にて開催いたしました。
 おかげさまで、当初の予定席数を大幅に超えるお申し込みを頂き、東北から九州に至るまで、全国各地から200名近くの多数の皆様方のご参加をいただき、盛会かつ有意義に実施することができました。
 ご参加いただきました皆さま、そして開催にあたりご支援とご協力を賜りました関係機関をはじめ皆様方には、深く感謝申し上げる次第です。誠にありがとうございました。

平成26年12月   国土交通省

フォーラム概要

名称
「小さな拠点」づくりフォーラム in 東京
−時間・空間・役割をつなぐ「小さな拠点」づくりを通じて
持続可能な「ふるさと集落生活圏」の形成をめざすには−
日時 平成26年11月28日(金) 13:00〜16:40 (開場12:00)
会場
都道府県会館 101大会議室  ⇒  都道府県会館HP
※詳しいアクセスはちらしをご覧ください
主催 国土交通省
参加方法等 参加費無料・事前申込制、定員あり
プログラム
●基調講演
 演題:「集落地域への人口定住を支える『小さな拠点』
       〜決め手は“合わせ技”の循環づくり〜」
 講師:藤山 浩(島根県中山間地域研究センター 研究統括監・
         島根県立大学連携大学院教授)

●国土交通省の施策紹介
  北本 政行(国土交通省大臣官房審議官(国土政策局))

●県による取組紹介
  「高知県における小さな拠点の取り組みについて」
  前田 和彦(高知県産業振興推進部中山間地域対策課 課長)

●事例報告
  @道の駅「くんま水車の里」(特定非営利活動法人 夢未来くんま)
  Aモニター調査の取組(特定非営利活動法人 たかぎ)

●パネルディスカッション・意見交換
 『「小さな拠点」始動へ〜求められる機能・組織・人材・行政・連携とは?』
 コーディネーター
  藤山 浩(島根県中山間地域研究センター 研究統括監)
 パネリスト
  前田 和彦(高知県産業振興推進部中山間地域対策課 課長)
  大平 展子(特定非営利活動法人 夢未来くんま 副理事長)
  佐藤 博一(特定非営利活動法人 たかぎ 前理事(喬木村 副村長))
  北本 政行(国土交通省 大臣官房審議官(国土政策局))